カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

アタバッグM(模様編み/内布・型押し染めバティック2種類 パープル系ピンク/ブラウン地に植物柄)AB180


・サイズ(外寸):横幅(最大) 約28cm、奥行き(最大) 約11cm、バッグ本体の高さ 約20cm、持ち手部分を含めた垂直高(最大) 約44cm
*サイズは、外寸表示とさせていただいております。アタ製品の内寸は、編みの厚み等により、外寸より1cm程度小さくなりますことご了解ください。
・重量:約470g
・材質:アタ、コットン、革
・インドネシア バリ製


バッグの中央にぐるりと伝統的なアタの模様を編み込んだ落ち着いた雰囲気のアタバッグです。

アタバッグの内側には、バティックチャップ(型押し染めバティック)の内布が縫い付けられ、巾着のように紐を結べるようになっています。

型押し染め特有の優しい雰囲気の色のバリエーションに、南国の植物やユニークな幾何学模様など、バリらしいデザインのバティックは、あめ色のアタバッグにぴったりです。

浴衣やお着物、ワンピースなどのフェミニンな装いにも引けを取らないきちんと感が嬉しいですね!
ずっと長くお使いいただけるアタバッグです。


【アタ製品について】
亜熱帯性のシダ科の植物「アタ」の茎を細く割いて細かく編み込み、天日干しとココナッツチップで燻す作業を何日も繰り返してようやく完成するアタ製品。
燻されることによって、防虫・防カビ効果も高まると言われています。
そんなアタ製品のなかでも、オシャレに敏感な女性に人気なのが、アタバッグです。 熟練した職人の手で細かくきっちりと編み込まれたアタバッグは、耐水性が高く型崩れしにくいので、簡単なお手入れで長くお使いいただけます。
カジュアルな服装にも、パーティなどの正式な装いにも合わせやすく、オールシーズンでお持ちいただけるのもアタバッグの魅力です。
  
【バティックについて】
ユネスコの世界無形文化遺産にも認定されている、インドネシアのバティック(ろうけつ染め)。
インドネシアでは、各島や各地域によってデザインや色合いに特色があり、古来より継承されてきました。
バティックは、主に、「バティック・トゥリス(手描きバティック)」、「バティック・チャップ(型押しバティック)」、「プリント・バティック(布に直接模様が印刷されたもの。ロウは使われていません。)」に分けられます。
バリの人たちは、バティックをサロン(腰布)や被りものとして身につけたり、敷物やタペストリ、ベッドカバーなどのマルチクロスとして、ふだんの生活にさりげなく取り入れて使っています。

アタバッグM(模様編み/内布・型押し染めバティック2種類 パープル系ピンク/ブラウン地に植物柄)AB180

通常販売価格:
13,000円(税込)
価格:

10,400円 (税込)

[ポイント還元 520ポイント~]
購入数:

内布のバティックの色柄

在庫

購入

パープル系ピンク

完売御礼

ブラウン地に植物柄

完売御礼

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

こちらのアタバッグは、以下2種類の内布のお色柄よりお選びいただけます。

【パープル系ピンク】




【ブラウン地に植物柄】




バッグ本体には、真ん中に伝統的な模様がぐるりと編み込まれています。




革紐は、透明なワイヤー糸でバッグに二重に縫い付けられていて、じょうぶな作りになっています。


【ご注意】
革紐は、染色されていますので、汗や雨などで濡れたりすると色落ちする場合がございます。
革紐が濡れたまま肩に掛け続けたりされますと、革紐に接触した衣類の箇所に色移りする場合がございますので、ご注意ください。衣類に接触する箇所の革紐をタオルなど柔らかい布などでくるんだりされることをおすすめします。

【アタ製品のお取扱いについて】
アタバッグには、燻し工程による独特な香りがございますが、お使いいただくうちにだんだんと香りは薄らいでまいります。
なお、燻されたことによる飴色の色ツヤや、黒やダークブラウンなど染色されている部分などは、摩擦や雨などによって色落ちが生じる場合がございます。淡い色のお洋服をお召しの際は、頻繁にこすれたりすることのないようご注意くださいませ。

【バティックなどの布製品について】
・バティック(ろうけつ染め)には、製造工程中に生じた色ムラや織りムラ、糸の攣り(つり)などが見られることがございます。手作り品の特性をご了承いただいた上でお買い上げくださいませ。
・当店では、できるだけ実物に忠実な画像を撮影・掲載するよう努めておりますが、モニターや解像度などによっても、実物とご覧いただいたイメージとが変わる場合がございますことご了承くださいませ。

ページトップへ